So-net無料ブログ作成

【11-J1#19】vs.浦和@等々力 [Game Photo]

0730_top.jpg
※8/21更新(情報鮮度悪&記憶曖昧でテキストは薄味です)

前半10分でのオウンゴールでの失点を
とうとう残り80分でも崩せず。
浦和との等々力での試合はこういう展開が多いような気がします。
粘り強く守る浦和に完敗でした。
攻撃の迫力はありましたが、それ以上に浦和の守備が良かった。

ジュニの不調が気になります。
2週間前の埼スタでの試合は外しまくっていましたが、
この日はシュートすらほとんど打てず。

0730_13.JPG
デスポトビッチとガツガツやりあってました。

0730_14.JPG
GKとの1対1・・・あれは決めて欲しかった。

0730_15.JPG
ほとんど目立てず。

0730_16.JPG
プロの守備の屈強さをまざまざと感じたことでしょう。

0730_17.JPG
オウンゴールは不運。。

0730_18.JPG
攻撃陣唯一の光、左の突破。

0730_19.JPG
太陽はいつ昇る?

0730_20.JPG
埼スタに続き、古巣対決で輝けず。(横浜時代は得意と聞いていましたが。。)

0730_21.JPG
途中投入も打開できず。

0730_22.JPG
ボランチではやっぱりイマイチかなぁ。。

0730_23.JPG
(フォーカス外ですが)途中交代のクスはよかった。あのドリブルはやっぱ見てて楽しい。

0730_24.JPG
終了直前のセットプレー時、上がるのに躊躇して水を飲んでたのが・・・
ケンゴに怒られるわ、各所ブログでも相当に叩かれてました。
同じ4番の闘莉王のような気概が欲しい。

0730_25.JPG
福森はもっと楽な場面で見てみたい。

0730_12.JPG
恒例(涙)の試合後の凱歌。
好きなんだけどなぁ・・・原曲は。
http://www.youtube.com/watch?v=Bpbuqh12oj4

<今日のスタメシ>
0730_11.JPG
浦和サポの友人とフロンパークでお喋りしてて食いっぱぐれたので
メインの山田うどんにて。(相手に直輝&ノブヒサもいるしね)
nice!(0)  コメント(0) 

【11-NABI 1st#2】vs.広島@等々力 [Game Photo]

0728_top.jpg
※8/21更新(情報鮮度悪&記憶曖昧でテキストは薄味です)

中堅~ベテラン陣の主力を欠く中(ケンゴ・コージ・ヤジ・イナ・晃誠)、
ヤンフロ達の躍動で1回戦突破!
得意の等々力での広島戦ではありましたが、
3点とっての快勝は蒸し暑さも吹き飛ばす気持ちよさでしたね。

広島の特殊なフォーメーションに対し、
川崎は4-4のラインを綺麗に揃えて対応。
6月のリーグ戦同様、磐石な戦い方をしてくれました。
専門的なことは分かりませんが、戦術の相性ってのはあるんでしょうねぇ。
広島相手以外にも臨機応変にハマってくれるといいのですが(汗)。

0728_02.JPG
コミ!

0728_03.JPG
ヤンフロの影で絶賛不調中。。

0728_04.JPG
場面場面で寿人にやれてました。

0728_05.JPG
新潟戦では苦しい内容でしたが、ホームで堂々とした戦いっぷり。

0728_06.JPG
この日は本当にキレッキレでした。

0728_07.JPG
1-1で後半開始。
このままでも勝ち抜けできますが、もちろん追加点を取る!

0728_08.JPG
ノボリの中央突破で2点目!!

0728_09.JPG
久々のクス。

0728_10.JPG
ザワのスーパーセーブがなかったら・・・危なかった。
悠も2得点。

==

0728_12.JPG
電気で動くスクーターらしい。ほほう。

0728_11.JPG
ふろん太型ヘルメットに興味津々(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

【11-J1#06】vs.新潟@東北電力スタ [Game Photo]

0723_top.jpg
試合前のコンコースでの決起集会、
今思えばあれがあの試合のピークだったなぁ~(涙)
例年よりちょっと少なめ、だけども思いを込めて集まったサポーターが
心を一つに声を合わせたあの瞬間、
今年こそはいけるんじゃないかと、期待に胸膨らませたのですが。
試合のほうは残念でしたが、あの場に立ち会えたのは幸せな瞬間でした。

鬼門の後は等々力三連戦です。
ナビスコは昨年・一昨年の借りがあるわけだし、
リーグもこのまま引き離されるわけにはいかない。
ビッグスワンが鬼門ならば、等々力は我らの劇場です。
またもう一度、思いを込めて等々力に集結し、
いつものようにフロンターレを盛り上げていこうじゃないですか!

==

今年はオフィシャルツアーには日程の都合上、参加しませんでした。
その代わり何かイベント性を持たせたいなぁ~と思い、
往路は使用期間が開始になったばかりの「青春18きっぷ」で各駅停車の旅、
復路は久々に夜行高速バスを利用しました。
学生さんさながらの強行日程、いやぁ、疲れたけど旅は楽しかった~。
その模様は末尾にて・・・。


==

0723_34.JPG
主力5人(ケンゴ、イナ兄貴、晃誠、ヤジ、イガ)を欠くスタメン、
そして控えは新人二人に久々の吉田君まで連ねる苦しい陣容。

0723_35.JPG
ツアー参加者も少なかったようで、サポは例年より少なかったですかね。
やっぱ新幹線貸切ツアーがいいなぁ~

0723_13.JPG
プロ初スタメン、リョータ。
高卒ルーキーがスタメンに名を連ねたのはいつ以来でしょう?
ノボリは09年はサブばっかだったと思うし、
もしかして04年のタニ以来??

0723_14.JPG
なんとか1失点で抑えたけど。。

0723_15.JPG
スーパーセーブもありましたが。。
失点シーンはノーチャンスでしたかね。

0723_16.JPG
やはり晃誠やイナといった役者がいないと、ノボリの個も生かせなかったか。

0723_17.JPG
12本のコーナー、一つくらいはものにできてれば。

0723_19.JPG
試練の試合でした。
この経験を次に生かそう。

0723_20.JPG
チャンスメークはできてるんだけど、。
夏男、早く梅雨明けを!

0723_21.JPG
ノボリ同様、ゴリゴリの突破だけでは限界があるかなぁ。
一番期待が持てるポイントだったとは思いますが。

0723_22.JPG
若干復調?

0723_23.JPG
川崎のすんごい男、初出場。
これでルーキー4人目ですか。
雄大、マル、早く這い上がって来い!

0723_24.JPG
一本コーナーも蹴ってましたね。
もう少し長い時間実戦で見てみたい。

0723_25.JPG
キャプテン、ナビスコまでに巻き返し頼む!頼むよ!!

0723_18.JPG
※おまけ:うーん、前半戦ほぼ出番無し。どうなるどうなるどうなる・・・

0723_38.JPG
ここの帰路はいつもどよーんとなる・・・。
と思っていた日本平は今年克服した。
来年こそ・・・来年こそは・・・。

===

というわけで、往路の旅程を簡単に・・・。

乗り換えは6回。
(横浜線)→八王子
 →(八高線)→拝島→高麗川→高崎
 →(上越線)→水上→長岡
 →(信越本線)→新潟
てな感じでした。
高崎で40分くらい待った以外は数分の乗り換えばかり、
8時間半で到着したのでした。

0723_27.JPG
高崎で腹ごしらえ。
名物だるま弁当。
ケースがだるまの形になってて、使用後は貯金箱として使えます(笑
(※以前たまたま見た「ヒミツの県民SHOW」で情報GET(笑))
青の着色がかなりキッツイですが(汗)、味は美味しかったです。
山の幸たっぷり、素朴なニッポンの味!

0723_28.JPG
水上を過ぎると本当に山々。
東海道線の18きっぷの旅とはまた違う趣があります。

0723_29.JPG
トンネルを抜けると新潟県、田園風景。
昔はスノボによく来たもんですが。
サッカー見始める前までは冬がオンシーズンだったもんです(笑

0723_30.JPG
新潟~
ここで新幹線ツアー組の仲間と合流。

0723_31.JPG
腹ごしらえして・・・

0723_32.JPG
いざビッグスワン!
昨年は死ぬほど暑かったですが、今年はそれなりに過ごしやすかったかな。

0723_33.JPG
亀田製菓でオレンジと言えば・・・やっぱこれでしょう。

0723_11.JPG
コンコースには来てくれませんでしたが・・・(笑
笑顔がかわいいジュリアちゃん。

0723_36.JPG
アルビ女子チームのなでしこ戦士。
上尾野辺選手。

0723_37.JPG
坂口選手。

0723_12.JPG
おらが街のチームから世界一が!
これはうらやましいですねぇ。

0723_26.JPG
今年は発動しなかったスプリンクラー。
せっかく「水かぶり席」確保したのに!!

・・・敗戦後

0723_39.JPG
こうなったらやけ食いです。
やっぱり新潟の食いもんは旨い!
岩ガキ!
いやぁ、日本酒と合う合う。

0723_40.JPG
新鮮なお刺身も。
店員さんのサービスも満点でした。
いい店だったなぁ~ 

その後、日本酒でほろ酔いになる仲間と別れを告げ、
23時半発の夜行バスに乗り込みました。
寝れるかなぁと心配してましたが、乗った途端酔いと疲れで爆睡でした(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。